コーヒーの、ちょっとしたこだわり

こんにちは。

 

てらぴーだよ。

 

以前、何かで読んだお話。

 

文化人類学の調査隊が、ニューギニアかどこかで調査を終えて、帰ろうという日の朝。

 

コーヒーを淹れて飲んでいたら、村の長老がやって来て珍しそうに見ているので、

 

「飲みますか?」

 

と言ったら、こう答えたそうな。

 

 

お前さんたちが飲んでいるのだから、さぞかしうまいものなのだろう。

 

じゃが、それを今飲んで気に入っても、お前さんたちが帰ってしまえば、わしらには手に入れるすべがない。

 

だから、飲まないほうがいいのじゃ。

 

 

この話を読んだときに、しばし、考え込んでしまいました。

 

なるほど、一理あるなあ。

 

確かに、「こりゃ、うまい」と好きになっても、その後手に入らないものならば、知らないほうがいいのかもしれない。

 

その一方で、そこまで禁欲的にならなくても、とも思いましたけど、手に入らないものに恋い焦がれてもむなしいだけだしなあ。

 

コーヒーの味を覚えて、好きになって、いくらでもとは言わないまでも、飲みたい時に欲しいだけ手に入る、それはそれで幸せなのかも。

 

下手に、ゲイシャとか、コピルアックとかに魅了されなくて、よかった。

 

コーヒー、好きだけど、中毒にはなってないので、健全です。

 

ただ、スーパーなどに売られている、いつ焙煎されたのかわからない豆は、買わないようにしています。

 

それに、粉も。

 

それが、贅沢な楽しみかな。