食パンならセブンイレブンの食パン、ただしお高くない方

ところでコーヒーの話だが、コーヒーに合うパンを探すって、人によっては悩ましい問題ですよね。

 

てらぴーの一押しは、セブンの食パン、それも、お高い方のではなくて、スーパーのと比べてもそこそこお安い食パンです。

 

「ミミまでおいしい セブンブレッド」

 

の6枚入りが目下コスパサイコーだと思います。

 

f:id:sayapapa2001:20190622093259j:image

 

これまでにも、いろんな食パンを食べてまいりましたが、しっとりとした味わいが美味しいです。

 

添加物の観点からも、文句なし。

 

ショートニングイーストフード、乳化剤も無添加

 

この値段じゃ珍しいのでは。

 

それでいて、しっとりとしていて柔らかく、パサつきがありません。

 

そのままでも甘いです。

 

まあ、これは、お砂糖が入っているから。

 

でも、薄味で生活していると、次第に素材の味がわかるようになります。

 

砂糖を入れなくても、意外と食べ物って甘いです。

 

例えば、ピーナッツなんかでも。

 

最初は甘さを感じなくても、噛み砕いて味わっていると、甘さが出てきます。

 

十分に噛んで味わうと、他の食材でも、甘さを感じます。

 

食材によっては、もともとこんなに甘いんだから、わざわざ砂糖なんか入れなくてもいいのにな、と思うこともしばしばです。

 

某食パンも、「小麦本来の甘さ」を謳い文句にしてますが、だったら一度砂糖を入れないで作って欲しい、と思います。

 

最近じゃあ、梅干しも甘いです。

 

こちらはお砂糖ではなくて、トウモロコシから抽出した果糖なんかが使われているようです。

 

人口の甘味料もよく見かけます。

 

個人的な好みではありますが、梅干しに「ハチミツ」を入れた人は反省して欲しい。

 

あれこそ文化の破壊でなくてなんなのでしょう。

 

「ウヨク」と呼ばれている人たちが、食文化について、特に伝統的な食文化の破壊について、声をあげないのは理解できません。

 

「こんなもん食うとるから、日本民族が滅びるんじゃあ」と言って、ひたすらしょっぱいだけの梅干しを復活させて欲しいです。

 

それはさておき、セブンの食パンでした。

 

しっとりしているから、お砂糖が入っているくらいは目をつむりましょう。

 

この食パンとチーズが合うんですよ。

 

普通のチーズです。スライスチーズ。

 

繰り返しますね、セブンの食パンとチーズ。

 

これに、コーヒーがあれば、立派な食事になります。

 

一食出来上がり。

 

チーズはやっぱり脂肪だから美味しく感じるのでしょうか。

 

人類が美味しいと感じるのは、砂糖と塩と脂肪だと聞いたことがあります。

 

生存していくのに必要な栄養素。

 

でもなかなか手に入れられない。

 

だから、出会ったらとめどなく求めてしまう。

 

結局食い過ぎてメタボになる。

 

そんな方程式を読んだことがあります。

 

だから、人は、ポテトチップスを開けたら最後、逃れられないのだ、というわけです。

 

それはさておき、セブンの食パンでした。

 

食パンとチーズにコーヒー。

 

これが最近の軽食パターン。

 

結構お腹も膨れます。

 

お試しを。