夏の疲れが出るのはこれから

こんにちは。

 

てらぴーだよ。

 

昨日のレシートスクラップです。

 

f:id:sayapapa2001:20190907160850j:image

 

「かつや」の、期間限定のチキンカツ丼、いつものようにご飯少なめでお願いしたにもかかわらず、残してしまった。

 

カツもご飯も。

 

ご飯を残すなんて考えられない世代なのに、どうしてもダメでした。

 

油がきつすぎたのか、知らない間に少食になっているのか、こうして食べられなくなって、やがて死を迎えるのか、さあ、正解はどれ?

 

普段何を食べていて、体にどんな影響があるのか。

 

美味しい時にはわからなくて、変なもの、例えば腐っているものを食べると、てきめんに変化がわかるなんて、敏感なんだかどうなんだか。

 

体にいいものは、自分ではわかっているはずですが、塩味と甘み、それから油には勝てないそうです。

 

かつて人類が、食べたくても十分には食べられなかった食事。それが、塩味と甘みと油。

 

なので、ポテチとか、我慢するのは並大抵のことではないそうです。

 

命が望んでいる味だから。

 

でもそれで、食べすぎて体を壊すのは、なんだか本末転倒みたいですけど。

 

とりあえず油であげると美味しくなるそうです、大抵の食材は。

 

食材でなくても、とあるバラエティ番組で、ティッシュペーパを油であげて食べさせたら、「美味しい、美味しい、なんですかこれ」と番組に出演したタレントさんたちが、絶賛したとかいう話を読みました。

 

油の美味しさから逃れることはできない。

 

あまりにもくどいと、体が受け付けないこともありますけど。昨日のてらぴーのように。

 

夏の疲れは、秋に出るとよく言われます。

 

これからが、夏の疲れ本番なのでしょう。

 

自分の体の異変にいち早く気がついて、体をいたわらないと、場合によっては大変なことになりますよ。

 

もうかれこれ10年以上前ですが、9月に入って体調を崩したことがありました。

 

だるくてしんどくて、どうしようもない。

 

近くの町医者に見てもらって、点滴をしました。

 

点滴なんて生まれて初めてで、疲れた時には、点滴さえすれば大丈夫という「点滴信仰」もあったので、安心しましたが、一向に良くなりません。

 

2回目の点滴の時、お医者さんも不審に思ってレントゲンを撮りました。

 

診断がくだります。

 

「今すぐ大きい病院に行きなさい」

 

肺炎でした。

 

10月丸々1ヶ月入院しました。

 

入院当初は、一晩で、ティッシュペーパーが一箱なくなるぐらい「たん」がでましたっけ。

 

というわけで、夏の疲れは秋に出る。

 

これからの体調不良には、十分気をつけたほうがいいですよ。

 

多分一晩寝れば治るだろうなんて思わずに、体調の異変には気を配って、厳重にモニターすることです。

 

で、おかしいと思ったら、お医者さんにかかるとかしたほうがいいと思います。

 

かつてのてらぴーのように、入院したくなかったら。