手帳のトレンドは「1日1ページ」か

こんにちは。

 

てらぴーだよ。

 

穏やかな休日の夜に、手帳の時間です。

 

今日1日を丁寧に振り返りましょう。

 

雑貨屋さんをのぞいてきました。

 

この前とあんまり変わっていません。

 

その雑貨屋さんは、ロルバーンの手帳がメインのようです。

 

去年あたりから出ている、ロルバーンのガントチャート、注目しています。

 

これまでは、別のメーカーのを購入していましたが、活用についてはお恥ずかしい限りで。

 

それで、これからは、ガントチャートでもっと暮らしの中身を記録しようと、目論んでいるのですが、そう言えば、ロルバーンにもあったな、と。

 

ガントチャート専用の手帳で、ということは薄手で。

 

それで、どんな感じなのか、店頭で確かめたかったのですが、見つけられませんでした。

 

まだ出ていないようです。

 

その代わり、左ページがカレンダー、右ページに、縦型のガントチャート仕様のものがありました。

 

日付が縦になっていて、項目別にスケジュールなどを縦線で管理できるというものです。

 

カレンダーと違って、数日にわたるスケジュールなどの把握には、適していると言えましょう。

 

この日にこれがある、というのではなくて、この案件は、この日からこの日までかかるといった予定などを、縦線を引くなどして把握できるのです。

 

見開き1か月のカレンダーにおまけとして付いていることもありますよね。

 

その場合は、項目別などに書き分けるだけのスペースがありませんね。

 

縦型でもいいけど、できれば横になった、ガントチャートの方が見やすいのにな。

 

ロルバーンでも、これから出てくることを期待しましょう。

 

後、バインダー式も頑張っているようです。

 

セリアも積極的に商品展開してますしね。

 

ここで終わってほしくない、ぜひ、定番化してほしいところです。

 

そのほか目についたのが、デルフォニックス

 

後は、キャラクターものの定番、スヌーピーとかムーミンとかが並んでいます。

 

でもまだまだ数も種類もさみしい限り。

 

さらなる展開を期待しましょう。

 

全体的な傾向として、お家時間が増えているのだから、たくさん書きたい、書いていて楽しい、といった手帳体験が(期待も含めて)増えていると思われます。

 

なので、書くスペースが多い、A5やB6あたりが主流になるのではないでしょうか。

 

さらに書きたい人向けの、1日1ページタイプも見逃せません。

 

相変わらず強い訴求力を持つ、『ほぼ日手帳』のけん引力は衰えません。

 

ジブン手帳も1日1ページの手帳を出してますし、日記ではなくて、手帳として1日1ページという書き方が、さらに普及すると期待します。

 

問題は、そうなると、手帳本体が分厚くなる、ということ。

 

ほぼ日手帳も2分冊のタイプがあります。

 

高校生などが使う「スタディプランナー」は、日付フリーで3か月分を1冊にしています。

 

日付が書かれていないのなら、そういうのもありですよね。

 

いっそのこと、判型を統一して、ひと月ごとに手帳を替えられるようにしてはいかがでしょう。

 

大きさまで変わってしまうと、書くスペースとかに影響すると思われるので、A5ならA5、B6でもいいですが、その大きさで、ほぼ日も、エディットも、ジブン手帳も、無印も、セリアやダイソーまで、なんなら高橋やノルティまで、ひと月分の「1日1ページ」を出すのです。

 

そうすれば、毎月違った手帳を楽しめます。

 

名付けて、月間手帳の友。

 

でも、買いそびれたりしたら、書かなくなって、かえって面倒くさいですよね。

 

やっぱり手帳は、1年分綴じられていて、その手帳からは容易に逃げ出せないというのが、書き続けるモチベーションにもなるのでしょうか。

 

手帳探しの旅は、まだまだ続きます。