倉式珈琲の隣で、静かにサティが解体されてます

こんにちは。

 

てらぴーだよ。

 

まだまだコバエが飛んでいる夜に、手帳の時間です。

 

今日1日を丁寧に振り返りましょう。

 

コバエしつこい。

 

午後時間があったので、倉式珈琲へ。

 

すると、お隣では、

 

f:id:sayapapa2001:20210909214343j:image

 

サティ改めイオンの解体が進んでおりました。

 

近くに、巨大なイオンモールができたので、イオンというよりはサティと言った方がしっくりくるそのサティが、消えゆこうとしています。

 

 

これがまあ、ついに解体、イオン・サティ

 

 

さて、倉式。

 

今日のコーヒーは、パプアニューギニア・トロピカルマウンテン。

 

f:id:sayapapa2001:20210909214941j:image

 

サイフォンのコーヒーは、味・香りとも濃いです。

 

f:id:sayapapa2001:20210909215052j:image

 

コーヒーの味わいって、周りの環境というか、色合いも関係しますよね。

 

倉式珈琲は、店内の装飾がこげ茶。

 

そのセピアな感じ、チャコールグレイの雰囲気も、コーヒーの味わいを深めているようです。

 

香り豊かで、酸味も苦味も前面に出てくる、今日のコーヒーを味わいながら、雑誌をめくったり、野帳を書き継いだりして、ゆっくり過ごしました。

 

f:id:sayapapa2001:20210909215749j:image

 

サービスだけど、わざわざ伝票に「ビスケット」の表示が。

 

サイフォンなので、2杯ぐらい飲めます。

 

そんな時に、「箸休め」のような「ビスケット」のおまけが、嬉しい。

 

コーヒー2杯だけをただ喉に流し込むより、いいアクセントになっています。

 

こげ茶の空間で、思考も落ち着いてくれたのか、野帳の思い付きメモも捗ったのでした。