野帳のオキテ

1年分の測量野帳をセリアのビデオテープボックスに入れてみた

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳を1冊書き終えました。 ほぼ2週間。 長いな。 それで、ふと思い立って、部屋のあちこちに分散してた去年からの野帳を集めてみました。 その、集合写真がこちら。 みごとに1冊の欠本もなく、揃っております。 整理収納が苦手…

今年、61歳のお誕生日を迎えるものは

こんにちは。 てらぴーだよ。 今日で61歳となりました。 実は、同い年が、もうお一方いらっしゃいます。 何月かまでは分からなかったのですけど、今年誕生から61年になるその人は、 われらがコクヨの測量野帳「スケッチブック」です。 ここで、僕の使い方の…

散策の時のメモなら、野帳一択です

こんにちは。 てらぴーだよ。 冷たい雨が降る夜に、手帳の時間です。 今日1日を丁寧に振り返りましょう。 昨日、久しぶりに夜の香林坊(こうりんぼう)を歩いて、金沢の路地裏が面白くなっていることを発見しました。 いろんなカフェができていて、いい感じ…

無印良品で、あの「野帳」が復活してた

こんにちは。 てらぴーだよ。 北海道では明日吹雪という夜に、手帳の時間です。 今日1日を丁寧に振り返りましょう。 家から歩いて5分ぐらいのところに、今年の春、「無印良品」の独立店舗ができたのは、何よりも特筆されてしかるべきである。 もう連日大変な…

モレスキンより野帳、メモ体質をつけやすいから

こんにちは。 てらぴーだよ。 我らがコクヨの測量野帳「スケッチブック」を1冊書き終えました。 今回はちょっと日数がかかりました。 おそらく今日本で手に入る最強のメモ帳、測量野帳。 中の紙は40枚、80ページとなっております。 モレスキンが96枚の192ペ…

野帳に書き出して、夏の疲れを取る

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳は万能のノートなので、タスク管理はもとより、考えていることや思いを書き殴るのにも適しています。 野帳は、見開きでも、大学ノートの半分なので、場所を取りません。 机やテーブルの上に、見開きのまま置いておくことも…

いくらでも書きなぐれる、その気安さも、野帳の魅力

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳を書き終えました。 今回は早かった。7日間でした。 前回が2週間ぐらいかかったので、今回は、書きまくりました。 読んでた本からの抜書きなどや、自分の考えているあれこれを書いていたのです。 やっぱり書いていると楽し…

薄くて軽い野帳があなたをメモ体質にする

こんにちは。 てらぴーだよ。 我らがコクヨの測量野帳「スケッチブック」の特徴は、うすくて軽いところにあります。 したがって持ち運びしやすい。 上着のポケットに入る。ワイシャツなどの胸ポケットでは、ちょっと窮屈、でも入らないこともない。でも、お…

2020年の手帳に野帳をプラス

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳をようやく書き終えました。 2週間もかかるなんて、もたもたしてましたね。 野帳の書き具合は、頭の健康のバロメーター。 きっとこの2週間、密度の薄い生活だったのでしょう。 夏バテか?まだ早いです。 和気文具というとこ…

読書ノートとしての野帳

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳が終わりました。 我らがコクヨの測量野帳「スケッチブック」の中紙は40枚。 80ページです。 それを1週間から10日で書き終えるのを、目標にしています。 今回は、13日かかったので、ちょっとゆっくりめ。 暑かったので、…

書くことで自分を強くする

こんにちは。 てらぴーだよ。 メモというのは、何もタスクとかアイデアばかりを書くのではありません。 自分が今何を考えているのか、その実況中継もまた、大切なメモの効用だと思います。 亡き父が還暦を過ぎてから、急性白血病を発症して、長期に入院して…

言葉にならないことを言葉で捕まえる、野帳を使って

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳のある生活、というのは、「書くこと」を日常に取り入れた生活を送る、ということだと思うのです。 そして、書くことは、考えるということであり、それは同時に「言葉にする」ことでもあるのです。 時折、イメージが舞い降…

人はこうして野帳にはまっていく

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳が一冊終わりました。 書き終えたのが夜だったので、今日の引き継ぎでもよかったけど、1日でも早く書き終えたという事実を残したい、という欲望に押されて昨日の日付で新旧の交代と相成りました。 野帳は、できるだけ肌身離…

野帳と手書きとライバルと

こんにちは。 てらぴーだよ。 来年度の手帳が続々発表されてます。 まだ店頭では見てないものの、来年度はどうなるのか、期待が高まります。 多分、カスタマイズの自由さが、「ウリ」になるのではないかと考えてます。 手帳の柱は、スケージュール機能とメモ…

発想を促す3ミリ方眼

こんにちは。 てらぴーだよ。 我らがコクヨの測量野帳「スケッチブック」は、中身の紙が、3ミリ方眼なので、書き方なんて自由自在です。 普通にノートとしても使えますし、フローチャートのようにも使えるんです。 つまり、頭に浮かんできたことを、ほぼその…

野帳が好きだ、だから書く

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳が終わったよ。 8日で一冊、いいペースです。 読書をして抜き書きをしたり、考えていることを書き出したりすると、書く分量も増えてきます。 反対に本は読まない、書いてる時間もない、という状態だと、野帳のページも埋ま…

野帳はますます身近にになる

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳は実に、縁の下の力持ちでした。 学問の基礎は、実験と観察。それに文献読解。 特に、野外での観察では、記録に際して小さめのノートは必須です。 室内でなら、テーブルなどに大きめのノートを開きっぱなしにしておけます。…

日付けのないメモは、クリープを入れないコーヒー(死語?)

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳を書き終えました。 野帳は、メモ帳です。 一枚の紙であれ、冊子であれ、メモになくてはならないものが、「日付け」です。 慣れないうちは、ついつい書くのを忘れてました。 メモ書きする時には、メモの内容が、日付けには…

野帳は、縦書き横書き、イラスト、図式、なんでもこいです

こんにちは。 てらぴーだよ。 我らがコクヨの測量野帳「スケッチブック」は、全面方眼です。 方眼といっても、中には上下に余白のあるノートのような形式の方眼もありますし、ページ全体を枠で囲ったような方眼もあります。 でも野帳は、上下左右、端から端…

野帳とペン、どうやって持ち運ぶのか問題

こんにちは。 てらぴーだよ。 手帳に筆記用具は必携です。 でも、スマホでメモなんかもしている人は、ペンがなくても大丈夫なのかもしれません。 時間がかかりそうですけど。 若い人を見てると(←もうすっかりぢぢい)、ものすごい速さでスマホの画面を連打…

野帳とペンの夏のスタイル

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳を書き終えました。 昨日だけどね。 身近にメモ帳とかメモ用の紙を、あちこちに置いている人がいると思います。 我らがコクヨの測量野帳「スケッチブック」はそういったメモ帳にもなるんです。 何しろ薄くて軽い。 ワイシャ…

野帳でマインドマップ、さらにマンダラ・マインド・マップ

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳は、小さなメモ帳ですけれど、見開きで考えれば、いわゆる大学ノートの半分、B6くらいの広さを確保できます。 これだけあれば、A5ノート並みに使えるというものです。 マインドマップだって描けますよ、ミニになりますが。 …

野帳、値段、上げるってよ

こんにちは。 てらぴーだよ。 昨日、久しぶりにとある文房具屋さんに行きました。 ここは、文房具が全品25%オフ。 品揃えはそこそこ。 多分、オフィス家具なんかが専門のお店で、会社とか事業者がメインのお客さんで、ついでに小売もしている、というような…

野帳書き終えた、その日数が頭の働きのバロメーター

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳を書き終えました。 引き継ぎの儀式も、終了。 間に京都への旅行が入ったので、12日間になってしまいました。 旅行が3日なので、単純計算で9日で書き終えたことになりますか。 目安が1週間なので、ちょっと長めでしたね。 …

野帳に書くんだったらこのペン、というのはありません

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳 は手帳ではないし、ノートでもない、メモ帳とも違う。 野帳は野帳なのだ、と言うほかはない。 と信じてます。 日付をつけて時間軸を引っ張れば、手帳になりますし、横幅が短いもののノートとしても使えます、もちろん。 メ…

『野帳大全』の夢を見る

こんにちは。 てらぴーだよ。 書店に行くと「なんとか大全」というタイトルが目に付きます。 「ライフハック大全」とか「アウトプット大全」とか。 大全って? 国語辞書によれば、 たいぜん:一冊で全てが分かるように関係のある著作・事物を全部集めた書物…

2冊目の旅の野帳、京都編

こんにちは。 てらぴーだよ。 京都に行ってきたので、野帳もそれようを準備。 かくして1冊の旅の記録ができました。 旅の記録を1冊にまとめる。 それも、野帳だからこそできること。 確かに、大きいものはスクラップできませんけど、B5を越える紙ものなん…

小池龍之介さんのお話会と野帳

こんにちは。 てらぴーだよ。 今回の京都への旅は、小池龍之介さんのお話会への参加がメインでした。 瞑想に関するご本でベストセラーを何冊も出してます。 その小池さん、最後の修行にと旅立ったものの、挫折をなさったようで、旅は中止。 ご自身も仏道の修…

旅と野帳と文房具

こんにちは。 てらぴーだよ。 これから京都まで行きます。 今は金沢駅なうってやつですか。 何を持って旅立つのか、というのは、色々悩むものですよね。 永遠の課題と言っていい。 荷物は少ない方が動けるけど、不安にもなるので、あれもこれもと荷造りしが…

野帳の60年変わらぬデザインの安心感

こんにちは。 てらぴーだよ。 野帳が終わったよ。 最後の二日間が、ちょっとモタモタしてた。 でもまあ今回も、ほぼ1週間で書き終えることができました。 カバーも何もつけないけど、これぐらいの日数で書き終えると表紙なんかも無傷のまま。 ほとんど新品の…